【糖質制限】停滞期を“2回”乗り切った私の方法を紹介します

“SNSでシェア↓”

野菜サラダ

私は過去に2回糖質制限ダイエットを成功させました。

 

リバウンドも経験しています。

 

【12キロ減→12キロ増】のリバウンド経験からの教訓についてはこちら

 

そのダイエットの経験談から、今回は、

“停滞期”の時ダイエットを続けていくためのモチベーションの維持をどのように行っていたのか

を話したいと思います。

 

「ダイエットの方法ならあまり重要ではないな。」と思われた方もいますよね。

 

いいえ!糖質制限ダイエットを続けていくには、痩せないときのもどかしい気持ちをコントロールしていくことは非常に重要です。

 

私もダイエット中、何度やめよう思ったことか…

 

今現在は事情により緩い糖質制限に切り替えましたが。

 

糖質制限に限りませんが、ダイエットを行っていくという気持ちを維持し続けることは非常に大切で、かつ大変です。

 

ダイエットに1回でも挑戦したことのある方はお気持ちがわかるのではないでしょうか。

 

それでは、停滞期に行った私のモチベーション維持法を以下に書いていきます。

 

ダイエットの天敵!「停滞期」

正しく糖質制限ダイエットをしていると、

個人差もありますが、最初の1、2週間くらいで体重が減少し始めます。

 

しかしその後、同じようにダイエットを続けても一定期間体重が減らない現象が起きます。

 

“停滞期”ですね。

何かを考えている女性の横顔

「どうして体重が減らないのだろう…」「こんなに頑張ってるのに…」「あーあ、ダイエットなんてキツいだけだし、もうやーめた!」

 

停滞期が来たときのダイエット断念の典型的な流れです。

 

こういう気持ちの流れでダイエットを断念する方が多いと思われます。

 

糖質制限を行う上でこの停滞期といわれる期間は非常に厄介です。

 

人によりますが、2週間~1ヶ月、長い人だと3ヶ月!なんてこともあるようです。

しかも、この停滞期は複数回到来する人もいるのです。

 

これだけ長い停滞期が続けば、ダイエットを断念したくなってしまいますよね。

 

この長い停滞期を私は2度乗り切った経験があります。どう乗り切ったかを以下に書いていきます。

 

やせていたときの生活実績を再確認し、“自信”を持ち直す

私が行ったのは、ダイエット初期でやせている時期の生活状況をあらかじめ記録し、その記録を再確認しながら同じ生活スタイルを維持する、という方法です。

開いたノートとペン

記録する生活状況の内容は、以下のようなものが良いと思います。

 

  • 朝昼夕の食事内容(食べたものとだいたいの量)
  • トイレの回数
  • 起床・就寝時間
  • 運動の内容(日常生活の徒歩なども含めて)

など。

体重の増減に関わりそうな要素全てです(糖質制限開始後2週間~1ヶ月くらい)。

 

当然、毎日の体重も併せて記録しますが、同じ条件下での記録が望ましいですね(例えば私は、毎朝朝食前、下着姿での体重を測定しています)。

 

あと、その日何か感じたことがあれば一言添えておくのも良いと思います。

 

正直、この生活状況の記録、結構面倒です…

 

ただ、ダイエットによる体重の減少具合は個人差があります。

 

同じ内容のダイエットをしても、出る成果が人の体質などによって変わってきます。

 

ですので、ダイエット当事者である“自分自身の生のデータ”が一番精密で信憑性のある参考資料となるのです。

 

面倒ではありますが、自分の生の生活状況ほど参考になるものはありません。

きっちり記録することをおすすめします。

 

停滞期の生活状況をその緻密な“減量実績記録”と見比べれば、

減量できていた生活とのズレに気づきやすく、改善することができます。

 

そして、「やせるための生活の仕方は間違ってない」と再確認し、自信を持って停滞期を過ごしていくことができます。

 

この「生活の仕方を間違ってはいない!」という確固たる自信を持って停滞期を過ごすことが、停滞期を乗り切る一番のポイントです。

 

停滞期を上手に過ごして、ダイエットを続けていきましょう。