母に感謝したい気持ちが強くなるSEAMOの曲の紹介

“SNSでシェア↓”

皆さんは母親のことをどう思っていますか?

 

本当はすごく感謝しているのに、「ウザい」「おせっかい」などと思ってしまって、ついキツく当たってしまったりしていませんか?

 

私も学生時代は、感謝の気持ちはありながらも、余計な事を心配されたり言われたりして、ついつい煙たがってしまった時期がありました。

思い悩む女性

そして働いて、結婚して、子どもができ、色んな大変さを実感しました。

 

このような大変な思いをし始めて、初めて親の偉大さに気づきましたね。

 

今回は、感謝の気持ちはあるけれども母親に素直になれていない人に、母の偉大さを改めて感じることができる曲を紹介したいと思います。

 

SEAMOの『MOTHER』です。

子どもの頃反抗ばかりして迷惑ばかりかけていたが、一人暮らしを始めて苦労しながら毎日を過ごし、母親の偉大さに気づいていく歌詞となっています。

 

子どものときって、親からどれだけ色んなことで支えてもらっているかっていうのをなかなか気づけないんですよね。

 

そんな母親への感謝の気持ちを呼び起こしてくれるこの曲から、私のお気に入りのフレーズを抜粋したいと思います。

 

いつも真っ先に気にする 自分じゃなく僕の体で

引用元[歌手名:SEAMO 曲名:『MOTHER』 作詞:Naoki Takada 作曲:Naoki Takada・Shintaro“Growth”Izutsu CD:2008年5月7日発売]

 

母親の典型とも言えるフレーズですね。

 

自分の体の調子が悪くても、子どもの体を一番に考えることができる母親。

 

でも子どものときは、それがうっとうしく感じてしまったりします。

 

母親からの愛情のある心配を、素直に受け止めたいですね。

 

当たり前すぎわからなかった 1人で暮らし初めてわかった あなたの凄さ大変さ

引用元[歌手名:SEAMO 曲名:『MOTHER』 作詞:Naoki Takada 作曲:Naoki Takada・Shintaro“Growth”Izutsu CD:2008年5月7日発売]

 

母と一緒に暮らしていた頃は、洗濯もご飯も掃除も全て母親が黙ってやってくれていました。

 

いざ家を出て一人暮らしをしてみたら家事がままならず、自分は実家で何もできていなかったことを痛感した…なんて感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

皿洗い

母親は私たちの見えないところでも子どものために頑張ってくれているんです。

 

子どもは当たり前のように毎日を過ごしていると思いますが、そんな母親の陰の支えに気づくことができたならば、反抗ばかりしていた母親の見る目も変わってくるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は当たり前になってしまっている母親への感謝の気持ちを呼び起こすような曲ということで『MOTHER』を紹介いたしました。

 

私も、日頃から、ちょっとしたことを母親にしてもらったとき、恥ずかしながらも「サンキュー」とか「ありがとう」などと感謝を伝えるようにしています。

 

親に感謝はしていても、なかなか言葉にして伝えるのは恥ずかしいですよね。

 

そんなときは、ちょっとしたことでもいいので「サンキュー」と言ってみたり、母の日や誕生日にさりげなく贈り物をしたりして、感謝の気持ちを自分なりのタイミングでぼそっとだけでも伝えてみましょう。

 

親も恥ずかしいと思いますが、内心すごく嬉しいと思います(^^)

 

もちろん、父親に対しても!(父親の皆さんごめんなさい…)

 

※SEAMO『MOTHER』の試聴・購入はこちら↓↓↓