人生でつまずいて落ち込んでいるとき、また立ち上がる力をもらえる名言を紹介

“SNSでシェア↓”

日々の暮らしの中で、色んなことで落ち込むことってありますよね。

 

人の性格にもよりますが、落ち込みやすいタイプの人はツラいです…

 

私もどちらかというと落ち込みやすいタイプです。

 

今回は、何か上手くいかないことがあって落ち込んでいる方に、少しでも前向きになれることを願って、いくつかの名言・格言を紹介したいと思います。

 

今日の荷物だけなら軽々持てる。昨日の荷物と明日の荷物は、降ろしていい。

by 中谷彰宏

荷物を沢山持つ女性

昨日落ち込んだことも、明日心配な悩みごとも、今日全て抱えこんでしまったら、重すぎて前に進むことができません。

 

過去と未来の考え事は一旦置いて、今日は今日のやるべきことに集中してみましょう。

 

落ち込んでいたことも、今に熱中することで割と手放して一時的にでも忘れることができます。

 

何とかなると思ってると、何とかなってくる。世の中、何とかなるだろうと考えるのがいちばん強い。

by 南伸坊

 

人は何か上手くいかなくて落ち込んでしまったとき、「どうにかしないと」と、つい思ってしまいます。

 

その思いのせいで冷静な対処ができずに、かえって状況を悪化させてしまうことになりかねません。

 

そんなときは「まぁ死ぬわけでないし、どうにかなるでしょう」と気楽な方に発想の転換をすると良いこともあります。

 

そのように頭をやわらかくしていると、想像力がより働き、ポンと効果的な解決策が思い浮かびやすくなります。

 

落ち込んだり、焦ったりしているときは、「何とかしないと」という考えから「何とかなるさ」という気楽な考え方に一度換えてみましょう。

 

こころが疲れてしまったら 澄みきった青空を見上げなさい さわやかな大空を吹き抜ける風になりなさい。

by 葉祥明

空

どうしても疲れてしまって、もうだめだというとき、あるかもしれません。

 

そんなときは空を見上げてみましょう。

 

緑あふれる草木がある場所や、海に行くのも良いと思います。

 

雲がゆっくりと流れる様子、小鳥のさえずり、草木が風になびく音、静かな波の音…

 

自然に触れると、今まで淀んでいた心が澄んでいくのを感じます。

 

落ち込んだ原因が根本的に解決するわけではないですが、沈んで傷ついた心を回復させるこことができるはずです。

 

そのリフレッシュした気持ちで、もう一回立ち上がって、頑張ってみましょう。

 

無理に頑張りつづけるよりも、きっとよりエネルギッシュにアクションを起こせます。

 

まとめ

人生の中でつまずく事は何度でもあると思います。

 

つまずいたときにどうするかは人によって様々です。

 

すぐに立ち上がってまた歩き始める人、しばらく立ち上がれないけれども必死に立ち上がろうとする人、立ち上がらずにずっと泣いてる人、他人に手を借りて立ち上がる人…

 

いろんな対処法がありますが、言えるのは、何度もつまずいて立ち上がったことのある人は「立ち上がり方」が上手だということです。

 

人生つまずかないに越したことはありません。

 

しかし、そんな人がいざ1回つまずいてしまうと、立ち上がる術を知らずに、ずっと立ち上がることができないということもあり得ます。

 

つまずくことを恐れず、つまずいたことになるべく落ち込まず、力強く立ち上がり続けて、歩いていく人間になっていきたいものですね。