振り向かせたい!相手に好意を抱かせる恋愛心理コントロール術3つを紹介【心理学】

“SNSでシェア↓”

気になっている人がいます。まだ知り合って間もないのですが、自分に好意を抱いてもらえるような会話やデートの方法を知りたいです。

自分が好きな人には何とかして自分に振り向いてもらいたいものです。今回は、相手が自分に好意を抱きやすくなる心理テクニックを3つお伝えします。

 

「ドキドキ」するような体験を二人でする

テニスをしている

定番のデートプランとして、テニスなどのスポーツで一緒に汗をかいたり、遊園地でジェットコースターに乗ったりお化け屋敷に入る、といったことが思い浮かぶ方は結構いると思います。「ベタだな」と思った方もいるかもしれませんが、実はこのような体験を一緒にすることで相手があなたのことを気になってくる可能性が高くなるのです。

 

その理由は、相手が感じている「ドキドキの錯覚」にあります。恐怖体験や運動をすると心臓の鼓動が速くなりますが、この体験を二人ですることによって、相手は自分が感じているドキドキが「私、この人のこと気になっているのかな…」という恋愛感情のドキドキと錯覚してしまうのです。

 

この心理現象は、カナダの心理学者アロンとダットンがおこなった「吊り橋の実験」にて証明されており、それにちなんで「吊り橋効果」と呼ばれています。

 

ちなみにこの心理現象は若い世代に起こりやすいという特徴があります。理由はドキドキに関連する心臓などの循環器が発達段階のためだからだといわれています。

 

ただしこの心理効果は一時的で、毎回そのようなデートばかりだと、相手を疲れさせたり飽きられてしまうおそれがあります。

ここぞ!というときの切り札としてタイミングを見て利用すれば効果的でしょう。

 

 

自分の欠点や弱さをさらけ出す

男性が女性を口説く際に「俺にはこんなにすごい武勇伝がある」、「俺はこんなすごい特技がある」などと、特技や自慢話で自分のすごさをアピールする方は結構いらっしゃると思います。確かに相手に自分のすごさをアピールすることで、相手に自分の優れているところに関心をもってもらえるかもしれません。

ほおづえを付いて退屈そうに考える女性

ただ、それをやりすぎると「また自慢話か。」「すごいけど、別に私に関係ないし、この人しつこいなぁ…」などと相手に嫌がられてしまうおそれがあります。

 

実は、相手に振り向いてもらうための心理テクニックの一つとして、むしろ逆の「自分の弱さや欠点をさらけ出す」という方法があるのです。

 

自分の性格上の弱さや過去の失敗談などを相手に打ち明けることで、相手は「この人は私に心を開いてくれている。」と感じ、正直な人という印象を植え付けることができます。正直な人という印象から信頼感も芽生えます。また、人は正直な人の話には耳をかたむけやすい傾向がありますので、自分の話を聞いてくれやすくなるでしょう。

 

それだけではなく、「私もこの人に弱さをさらけ出さないといけない」という思いも抱きやすくなります。こういった「お返しをしなければ!」という義務感が生じる心理を「返報性の原理」といいます。お互いに弱さをさらけ出せるようになれば距離もぐっと縮まるでしょう。

 

ただし、初対面でいきなり重い悩みや自分の深刻な弱さをさらけ出されても相手に引かれてしまうだけです。無論、最初は趣味や職業など無難な話題で話をすすめ、話の流れでタイミングを見計らってから話し始めるのがベターです。

 

また相手に打ち明ける弱さや欠点は、あくまで相手との関係を縮める上で支障をきたさないレベルの欠点のカミングアウトでなければならないのは言うまでもありません。「俺、すっごい自己中なんだよね。」「女性とのお付き合いは2ヶ月以上続いたことがないんだ。」などの致命的な欠点のさらけだしは距離を縮める上ではむしろマイナス要素です。さらけ出す内容は考慮しましょう。

 

「ギャップ」で相手の心を揺さぶるテクニック

私は妻のドラマ好きによく付き合わされるのですが、恋愛系のドラマを観ていると、始めの出会いは言い合いをしたりして最悪な出会いのパターンにも関わらず、話が進むにつれ相手のいいところがだんだんわかり始めて、ついには好きになってしまう!といった展開が割とあります。

 

これは現実の心理テクニックとしても使えます。最初にあえて意中の相手に悪い印象を抱かせたあとで、今度はその印象と真逆のいい印象を与えるのです。最初から終始いい印象を与え続けるよりも、最初の悪い印象からいい印象に変化(ギャップ)を与えることによっていい印象をより強く植え付けることができ、相手に好意をもってもらいやすくなります。これは「ゲイン・ロス効果」と呼ばれています。

 

ただ、最初は悪い印象を与えるわけですから、当然リスクがあり難易度の高い心理テクニックです。悪い印象を与えたときに相手が「もう二度と関わりたくない」と感じて避けられるようになってしまった、といった状況にならないよう注意が必要です。

 

まとめ

外で楽しそうにガイドマップを見る男女

「気になっている相手の心をつかみたい」という想いは多くの人が抱いている感情でしょう。しかし、その想いが強すぎるゆえに空回りしてしまったり、相手に避けられてしまう行動をとってしまっては本末転倒です。

 

このページでは心理テクニックをお伝えしましたが、相手を心から思いやる気持ちや誠意を一番大事にしてほしいなと私は思います。