「俺、年とったなぁ」と思った方へ、気持ちがちょっと若返る曲を紹介 ~ZARDのあの名曲!~

“SNSでシェア↓”

日々の暮らしの中で「頭の回転がおそくなった」「階段ちょっと上っただけで息がぜえぜえ…」などと自分が年をとったことを痛感させられることが度々あります。

 

皆さんはどうでしょうか。

 

そんなとき、「ああ、若いときは楽しかったなぁ」としみじみ思ってしまうこともありますよね。

 

でも気持ちを若く保つことができれば、日々の生活に活力も生まれてきます。

 

今回は、そんな日々の生活にちょっとでも活力を見いだすための、懐かしいZARDの曲を紹介します。

 

ZARDの『マイフレンド』です。

マイ フレンド

名作アニメ『SLAM DUNK』のエンディング曲

その世代の人々には言わずと知れた名曲ですね!

 

アニメ『SLAM DUNK』のエンディング曲としても有名です。

 

私はZARDはあまり詳しくはないのですが、SLAM DUNKは大好きで、漫画は全巻買いました。

 

すごーく人間味のある漫画で、笑いもあり、青春もあって、でも現実的で。

 

引き込まれる漫画でしたね。

 

不良だった桜木花道がバスケットや仲間と出会って成長していく物語は、大人になってから見ても若さと元気をもらえますね。

 

懐かしくなってきたのでまた読もうかな(笑)

 

※『SLAM DUNK』の購入はこちら↓↓↓

 

自分を信じる気持ちを思い出させてくれる“あのフレーズ”が大好きです

そんな名作アニメのエンディング曲となったZARDの『マイフレンド』ですが、こちらもすばらしい曲なんですよね。

 

アップテンポの曲に、坂井泉水さんの綺麗ながらも力強い声が絶妙に重なって、聴いているだけで気持ちがどんどん明るく前向きになっていくのがわかります。

 

「歌の力」ってすごいなと思いますね。今私の好きな曲の中で間違いなくトップ10に入ります。

 

その歌詞の中で、私が特に気に入っているフレーズを紹介したいと思います。

 

どんなに不安がいっぱいでも真っすぐ自分の道を信じて

引用元[歌手名:ZARD 曲名:『マイフレンド』 作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 CD:1996年1月8日発売]

 

夢に向かって頑張ってる大好きな彼氏(彼女)にエールを送るような内容の歌詞ですが、そんな歌詞の中で私が惹かれたこのフレーズ。

 

若い十代は、ちょっと不安なことがあってもがむしゃらに頑張れる年代ですよね。

 

でも、この自分の道を信じる気持ちは、年をとっても忘れてはならないと思います。

 

分をじる」と書いて自信です。

 

私も、自分のやっていることが正しいのか迷ってしまったときに、この曲を聴いて元気と自信をもらうようにしています。

 

皆さんも、この曲を思い出して、自分の道を信じて日々頑張っていきましょう!

 

※ZARD『マイフレンド』のCD購入はこちら↓↓↓