「仮眠」のとり方で午後の活動の善し悪しが決まります ー効果的な昼寝の方法とは?ー

“SNSでシェア↓”

皆さんは日中眠くなったことはありますか?

 

ほとんどの方は日中の活動時間に「眠い…」と思ったことがおありかと思います。

 

これは睡眠不足の証拠。このような方は日中に仮眠や昼寝をした方が良いです。

 

ただ昼寝をすればいいという訳ではありません。正しい昼寝をすることで、その後の活動にも良い影響を与えてくれます。

 

今回は日中の活動時にどのように仮眠(昼寝)を行ったらいいのか、についてお話ししたいと思います。

 

昼寝の時間は15~20分がベスト

眠っている男性

まず、昼寝の時間ですが、15~20分が最も良いとされています。

 

昼寝をすることで、夜間の睡眠で不足した分を補うことができ、脳やからだの疲労の除去につながります。

 

10分の昼寝で、夜の1時間分の睡眠を補えるとも言われておりますので、15~20分の昼寝で夜の90分~2時間の睡眠不足をカバーできることになりますね。なんかお得!

 

でもそれなら、昼寝は長ければ長いほど良いんじゃないの?と思われた方もいるはず。

 

いいえ、長すぎる昼寝は、起きた後も眠気が続いてしまい、かえってその後の活動に支障をきたします。

 

眠りについてから最初の約15分間は浅い眠りから徐々に深い眠りについていく途中段階です。

 

浅すぎる眠りのまま起きると休息の効果は薄いですし、深すぎる眠りの時に起きるとその後本来の活動的な脳に戻るまで時間がかかってしまいます。

 

浅すぎず深すぎない睡眠の段階で目を覚ますのが理想的なのです。

 

そして、その理想的な時間が15~20分という事です。

 

このような適切な昼寝は、集中力アップ、意欲向上に効果的なので、是非とも生活習慣に取り入れていきたいですね。

 

夕方4時以降の仮眠はNG

夕方4時以降の仮眠はその夜の睡眠に影響があるので、控えた方が良いです。

 

より質の高い夜の睡眠をとる方法はこちらをクリック

 

その時間に眠くなってしまう人は、上記以前の時間の仮眠・昼寝を上手に活用して眠くなるのを防ぎましょう。

 

また、ガムやするめなどを噛み続けることで眠気を覚ましやすくなりますので、トライしてみてください。

 

あとは、手軽な下記の方法を取り入れて、夕方以降の眠気防止に役立ててみてください。

 

どうしても昼寝の時間がとれず、眠たい場合は…

電話で話しながらパソコンを操作する男性

「仮眠の時間なんて忙しくてとれない」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は1分間目を閉じる方法をおすすめします。

 

やり方は簡単。座った状態で全身の力を抜き、1分間目を閉じてぼーっとするだけです。

 

これなら、どんなに忙しい人でもできます。

 

人目が気になるのならば、トイレの中ででも行えますね。

 

この行為は、視覚の情報によって働かされている脳を休ませる効果があります。

 

イライラや不安などで感情が不安定だと思う人は、睡眠の質が低く脳が休めていない可能性がありますので、この手軽な手法を試してみると良いと思います。

 

ポイントとしては、まず「脳の休憩だ」と意識して行うこと。

 

この意識をすることで、脳に「休憩時間だ」と教えて切り替えさせることができます。

 

あと、この1分休憩をこまめに行うこと。

 

眠くなる前に小刻みに入れていくことで、仕事中に来てほしくない眠気を防ぐことにも役立ちます。

 

安心の天然ハーブ素材で作られている快眠サプリ『ネムリス』の詳細は下記リンクをクリック↓↓↓

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス

※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です

まとめ

今回は、日中の仮眠の正しいとり方についてお話しました。

 

適切な仮眠のとり方を把握することで、自分なりの仮眠と夜の睡眠のリズムを作っていくことができ、良好な体調での日々の活動へとつながっていきます。

 

日中の活動をより良いものにするためにも、睡眠・仮眠を大切にしていきたいところです。