水を正しく飲んでダイエットや健康をサポート! ~適切な水の飲む量・頻度などについてのまとめ~

“SNSでシェア↓”

水

ご存じの方も多いと思いますが、私たち人間のからだの約6割(成人の場合)は水でできています。

 

この水が全身に行き渡ることで、血液や栄養が循環し、からだのあらゆる内蔵や細胞がうまく機能しているのです。

 

ただ、肥満をはじめさまざまなからだの不調が起こったときに、「水を正しく飲む」という対処をしている方は少ないのではないでしょうか。

 

今回は、糖質制限ダイエットをしている観点から、適切な水の選び方、水の飲み方について話していきたいと思います。

 

硬水と軟水、糖質制限ダイエットにはどちらの水がいいか?

結論から申し上げますと、ダイエットへのサポートには「硬水」の方が良いです。

 

硬水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

 

カルシウムは、脂肪の吸収を抑えるはたらきや、体温低下を防ぎ基礎代謝を向上させるはたらきがあり、マグネシウムも基礎代謝を向上させる効果があります。

 

どちらもダイエットには必要な栄養素だということがわかりますね。

 

ただし、硬水にはいくつかのデメリットもあります。以下に挙げます。

 

  • 胃腸へ負担がかかり、下痢などの症状が出る場合がある。
  • 多量に摂取してしまうと、腎臓への負担となる。
  • 独特の味があり、飲みづらさを感じる。

 

腎臓に疾患を抱えている人は、硬水を飲む前にまず医師に相談した方がいいでしょう。

 

胃腸や腎臓への負担を軽くするためにも、飲む量や飲み方については気を遣いたいところですね。

 

ちなみに、日本の水道水は飲み水として安全ですが、ミネラル分はろ過されてしまっていて水道水には含まれていません。

 

硬水を飲みたい場合は、市販のものを購入する必要があります。

 

※硬度1302mg/Lの超硬水。炭酸入りで硬水でも比較的飲みやすい「ゲロルシュタイナー」の詳細はこちら↓↓↓

一日の水を飲む量はどのくらいが適切か

それでは、適切な水の飲み方について書きたいと思います。

 

まず水の飲む量について。

水を飲む男性

食事などで摂取する水分を除いた、一日の飲む水の量の目安は、「体重(kg)×20~30」(ml)と考えるといいです。

 

体重に乗ずる「20~30」は、運動による発汗量などでの差により幅をもたせました。

 

飲む量が多すぎても、排尿が増え腎臓をより多く使ってしまうだけなので、多すぎず少なすぎない量の水を飲むように意識しましょう。

 

こまめに水を飲むのがベスト

次に飲み方について。

 

水を飲む頻度のポイントは喉が渇く前にこまめに飲むことです。

 

上述の一日に飲む量を、8回程度に分けて飲むと良いでしょう。

 

また、食前に1回水を飲むことで食欲を抑える効果も見込めます。

 

就寝中はずっと水分を摂らない時間が続くので、一日で最初に水を飲むタイミングは「朝目覚めてすぐ」が良いですね。

 

常温の水を飲むべし

冷たい水はおいしく感じますが、ダイエットだけではなく健康全般の観点からおすすめできません。

 

冷たい水を飲むと、胃腸などからだの内蔵を冷やしてしまいます。

 

内蔵温度が下がると、内蔵機能が低下し、食欲不振や疲労など、からだのさまざまな不調につながってしまいます。

 

いわゆる「夏バテ」は、冷たい水分を摂っていることが原因の一つとなっていることが多いです。

 

からだを冷やさないためにも、できるだけ常温の水を飲むようにしましょう。

 

買ったばかりの冷えた水をどうしてもすぐに飲みたい場合は、口の中に水を含んで温めてから胃に通すと、少しは胃腸の負担を減らすことができます。

 

まとめ

以上、ダイエットのサポートとして「水を飲む」ことについてのお話でした。

 

アンチエイジングや生活習慣病の予防など、さまざまな健康管理の面からも水を正しく飲むことはとても良いことなので、日常生活ですぐにでも実践してみましょう。