GoogleAdSense広告2種類がモバイル(スマホ)で縦に2つ表示されてしまう事象の解消について

“SNSでシェア↓”

先日1週間ほどの審査期間を要し、GoogleAdSenseの審査が通りました。

 

GoogleAdSense審査を通過するために気を付けたポイントについての記事はこちら

 

いつものように自分のサイトを見ていると、見知らぬ広告が貼ってあります…。

パソコンを虫眼鏡で観察する女性

「ん?」と思って確認したら、審査が通って「自動広告」というものが自動的にサイトの色んな箇所に貼られていたようです。

 

ようやくAdSense広告を貼れるということで、早速WordPressのウィジェット欄で広告コードを貼り付けていったところ、問題が起こりました。

 

投稿記事のタイトル下と記事中(最初の見出しの前)のレスポンシブ広告が縦に2つ表示されてしまっているのです。

 

広告の位置にスクロールすると大きい広告2つで画面が埋まってしまう状態でした。

 

ポリシー違反になってしまうということで、急いで対処した修正内容について今回は書きたいと思います。

原因はAdSense審査時にheadタグに貼った審査用コード

まず、2つ広告が表示されてしまう位置のウィジェットに貼り付けた広告を一旦外してみました。

 

結果2つとも外れてしまいます。1つのみ広告を表示したいのですが…。

 

そしてなぜか、同じコードの広告を貼り付けているにもかかわらず、記事コンテンツ下の位置に貼り付けた広告はちゃんと1つだけの表示になっています。

 

色々とググったりフォーラムで回答を頂戴しましたところ、どうやら原因はAdSense審査を受けるためにheadタグに貼った審査用コードなのではないかということにたどり着きます。

 

テーマをSANGOにしているので、カスタマイザー(WordPressログイン後の画面左側の「外観」→「カスタマイズ」をクリックし起動)の「詳細設定」から入っていく「headタグ内にコードを挿入」欄に審査用コードを貼っていました。

 

これを消したところ、自動的にトップページのタイトル下やサイドバーに貼ってあった広告が一斉に外されました。

審査申請で貼るコードは、自動広告を設置するときに貼るコードと同じ

確認してみるとわかるのですが、審査用としてheadタグに貼ったコードと、自動広告を設置するときのコードが全く同じなんですね。

 

つまりサイトの審査申請の時に貼るよう依頼されたコードが、AdSenseの自動広告を出すコードだったというわけです。

 

審査に合格したことに気づかずにサイトを見たら、何もしてないのに広告が色んな所に貼ってあったのは、このせいだったんですね(^^;)

 

この審査申請時に貼ったコードは、審査後は外して良いとのことです。

 

これを外した上で記事タイトル下や記事中に広告を載せてみたところ、縦に2つ広告が並んでしまうという問題は解消し、各箇所に無事1つずつ広告を配置できるようになりました。

 

自動広告の仕様で、手動で貼った広告と自動広告が2つ同じ箇所に出てしまっていたようですね。

 

同じような事象が起きた!なんて方がもしいらっしゃったら、AdSense審査通過後に試してみてください。