「合わない上司・友人と話すのがツラい…」人間関係で悩むあなたへ ~名言・格言~

“SNSでシェア↓”

怒っている男性

職場の上司、いつも細かい指摘をネチネチしてきて嫌でしょうがない…

 

クラスメート、性格が合わなくて話しづらいけど、同じ班だから何か話さないと…

 

私たちが集団生活をしていく上で、

「人間関係」は生涯の課題と言っても過言ではありません。

 

今回は、日々の人間関係に疲れ切ってしまっている方々へ、

いくつかの名言について言及したいと思います。

 

馬の合わない上司や部下、友人などとの関係は、

1日2日で改善するものではないかもしれません。

 

ですが、考え方や接し方の意識を変えてみれば、

少しずつその人の見え方が変わってくるはずです。

 

それでは、以下に書いていきたいと思います。

 

 

人間関係において自分でどうにかできる範囲は50%だ。あとの50%は相手次第。

by 夏野 剛

握手

これは人間関係の核心を突いている言葉だなと感じます。

 

嫌な上司や友人と上手く付き合っていきたいのならば、

自分がまず意識を変えて努力していかなければならないです。

 

しかし、相手ありきの人間関係。

 

どうにか改善できるのは、“自分の気持ち”の部分だけ。

 

あとの“相手の気持ち”はどうすることもできないので、

待つしかない、

場合によっては割り切ることも大事なのかもしれません。

 

ただ、その“相手の気持ち”を変えるきっかけの一つとなるのもまた、

自分を変える努力なんですよね。

 

 

I don’t mind what the opposition say of me so long as they don’t tell the truth about me.

(私に対するどんな批判も、それが私についての事実を言ってない限りは、全く気にしないです。)

by マーク・トウェイン

 

他人の事情や背景、心情をしっかりとくみ取ることって、すごく難しいことです。

 

他人の込み入った事情は、気づきづらい上に、相手によってはそれを隠そうとしてしまうので、

それに気づこうとしても難しいです。

 

だから人は、相手の“うわべ”だけを見て批判・非難してしまいがちなのです。

 

「私のことを深く理解していない人に批判・非難をされても、気になりません。気にする必要はない。」

 

そう言っているように私は思います。

 

本当にあなたのことをわかってくれる人、わかろうと努力してくれる人の言葉に耳を傾けてみてはどうでしょうか。

 

 

I have never met a man so ignorant that I couldn’t learn something from him.

学ぶべき事が何もないほど愚かな人間に、私は一度も出会ったことがない。

by ガリレオ・ガリレイ

地球儀

その人が自分と合わない人だったとしても、

どんな人だったとしても、

その人の価値観や考え方から学ぶことは何かあります。

 

また、合わないと思う人とつきあっていくこと自体が「学び」となり、

今後様々な人との人間関係をうまくやっていくための経験値にもなります。

 

むしろ、嫌だなと思う相手との関わりからしか学べない事もあるはずです。

 

その人の過去や背景を知ることで、

どうしてその人がそういう考えを持つようになったのか、

気づくかもしれません。

 

ただ「嫌だ」と思わずに、

どっちみち付き合っていかないといけない相手なら、

その人との関わりの中で何かを学び獲って、

自分の経験値とした方が絶対にプラスです。

 

学びましょう。人間関係から。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

名言や格言で考え方が少し変わると、

自然と自分自身の言動も、嫌だなと思っていた人との関わり方も変わってくると思います。

 

人間関係で「嫌だな」と思うことが少しずつ減っていくことで、

より充実した生活を送ることができるようになると良いですね。