「新しい仕事でわからないことが多く、ツラい」と悩んでいる人へ ~名言・格言~

“SNSでシェア↓”

両肘をついて悩む女性

「人事異動で新しい部署に配属された。

全くわからないことだらけでいっぱいいっぱいだ…」

 

「心機一転、新しい仕事を始めたが、

思ってたよりもわからないことが多く

全然仕事がはかどらない…」

 

新しい環境で仕事を始めると、

右も左もわからない中で業務をしなければならず、

ツラいな…と感じてしまうことも多いはずです。

 

そんな悩みを持っている方に、

少しでも前向きになってもらえるような

偉人の名言・格言を以下にまとめます。

 

少しでも気持ちが前向きになってもらえたら幸いです。

 

 

All you’ve got to do is own up to your ignorance honestly, and you’ll find people who are eager to fill your head with information.

(正直に自分の無知を認めよう。そうすれば、真剣に知識を与えようとしてくれる人があなたの前に現れます。)

by ウォルト・ディズニー

 

わからないのに、背伸びしてわかったふりをしてしまう。

 

自分の弱さを見せまいとして、ついそうしてしまう方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかしそういう姿勢でい続けると、

教えたいと思っている人も教えたくなくなってしまいます。

 

まずは自分がわからないことだらけであることを素直に認めて

「私は何もわかりません。

経験のある方、どうか無知な私にご教示ください。」

 

と低姿勢で教えを請うことが大事なのではないでしょうか。

頭を下げる男性

その姿勢を見たならば、

教える人によっては、

知りたかった知識はもちろんのこと、その他にも

有益な知識を教えてくれるかもしれません。

 

わからないことは決して悪いことではありません。

 

わからないことを認めず、

周囲に対して謙虚な姿勢を忘れてしまっていることが

悪いことなのだと思います。

 

 

You cannot teach a man anything, you can only help him find it within himself.

(人に物事を教えることはできない。 自分で気づく手助けをすることしかできないのだ。)

by ガリレオ・ガリレイ

 

教える側目線の名言ですが、教えてもらう人にとっても意味を感じます。

 

人から聞いたことをもとに、

自分で実践して“気づく”ことで、

はじめて教えてもらったことが意味をなします。

 

人に教えてもらったら、メモに残して終わりではなく

実際にやってみましょう。

 

わからないことを教えてもらおうとしたけれども、

「聞いたけど、よくわからなかった」と感じた経験はよくあると思います。

 

そんなときは、まず聞いたことをもとに

自分で何か動き始めてみましょう。

 

「何がわからなかったのか」に

気づくかもしれませんし、

やってみたら案外すぐにできちゃうかもしれません。

 

 

まとめ

わからないことが多い環境に身を置くというのは、

なかなか大変なことです。

 

その中でも、小さな知識を一つずつ身に付け、

少しずつでも前に進んでいけば、

状況は徐々に良い方向へ変わっていきます。

 

私もブログ運営を始めたときは、

「さてどこから手をつけようか…」と考え込みました。

 

でも「行動しなければ進まない」と考え、

ヘルプデスクに聞いたり、ネットで調べたりして、

できそうなところから毎日一つ一つ

少しずつやり進め、

こうやってブログ公開までこぎつけることができました。

 

今回この名言・格言についての記事をご覧になったことで、

気持ちを奮い立たせ何か行動を起こすきっかけに

少しでもなればいいなと願っています。