ブログ公開“前”に記事を量産して貯めておいた理由についての話

“SNSでシェア↓”

タイピングしている両手とパソコン

私がブログ運営で稼いでいこうと決意して一番最初に読んだタクスズキ氏の書籍では、「ブログ運営初期はとにかく記事を量産!」ということが繰り返し書いてあります。

 

そこで私はブログ運営を始める前に、記事を量産してストックしておこうと考えました。

 

なぜブログを公開してからではなく、公開前に記事をたくさん作りたいと思ったのか。理由はいくつかあります。

 

今回は、ブログ運営前に、記事を書き溜めておいた理由について書いていきたいと思います。

 

記事作成までの一連の流れについても少し触れています。

 

記事作成の一連の流れに慣れておくため

ブログ運営を始めたら、否が応でも1日1記事くらいのペースで記事を作り出し更新する必要が出てきます。

 

記事作成をほぼやったことが無いど素人の私がいきなりブログ運営を始めたら、毎日の記事のネタ探し、記事作成にどれだけ時間を裂かれるのかは目に見えていました。

 

日々の記事更新を時短で行えるように、記事を生み出すまでのプロセスを身体で覚える必要があると考えたのです。

 

記事を作り上げるための一連の作業を何度も行いました。

 

やっている段階で「こんな作業過程があった方がいい」とひらめきもあり、作業過程の見直しを行うことができました。

 

記事作成を繰り返していて、どのような手順で記事を量産していくべきか考えた「記事作成の一連の流れ」を以下にまとめます。

 

1 ネタ探し・メモ

虫眼鏡でじっと見る女性

ネタになりうるものは日常生活のあちこちに転がっています。

 

例えば、読んだ本について感じたこと・思い出した自分の過去のできごとであったり、買った物についてのレビューであったり。

 

そうやって思いついたネタを、実際に記事にするかどうかは別にして、スマホのメモアプリなどにどんどん書き記しておきます。

 

そのときに、どんなことを書いて内容を膨らませるかまで思いついたら、忘れると勿体ないので、それも書くようにしていました。

 

あと余談ですが、日記を書くことは色んな点で有益だと思います。

 

日記に、今日の出来事や今日思ったことを詳しく書いておくことにより、あとで見返したときに記事のネタになるエピソードが見つかったりするからです。

 

また、自分の気持ちを素直に詳しく日記に書くことで、自分の気持ちを冷静に客観的に見つめ直すことができます。

 

ブログ運営が上手くいかないときなどに、過去のブログ運営に対する自分の気持ちを見返すことで、また頑張り始めるキッカケをつかめる可能性が高くなります。

 

 

2 記事中の見出し(複数個)とその要旨の作成

上記の記事のメモを基に、記事を構成する見出しをある程度作成します。

 

いわゆる記事中の各章のタイトルですね。

 

そしてその見出しの中で記述する本文の要旨を作っていきます。例えば、以下のように。

 

見出し:【商品レポート メリット①幅広い用途に使える】

要旨:様々な機能がついている。○○や○○を複数買わなくてもこれ一つで事足りる。

 

本文を作っていく過程で、必要に応じて見出しを変える場合もありますね。

 

3 見出し・要旨に基づいて本文作成

上述の見出しや要旨で骨組を作っておけば、あとは各々の情報に肉付けをしていくだけで軽く1記事1,000字は超えます。

 

これにて記事の完成。

 

ただ、書き上げた記事は、時間が経つにつれ情報が古くなる可能性があります。

 

定期的に記事を見直して、時勢にそぐわない情報はその都度追加・削除・修正を行っていかなければなりません。

 

また、ブログに公開する前の記事はジャンルごとに分類し、各々、未完成、公開前、公開後とで管理していました。

 

実際にWordPressで記事公開したあとも、サーバに記事データは残っていますが、私はPC自体にも記事データを保存してます。

 

 

以上のような「記事作成の流れにあらかじめ慣れるため」というのが、ブログ公開前に記事を量産した理由の一つです。

 

運営前に自分自身の覚悟を試すため

パソコンの前でガッツポーズする男性

記事をまず30個作る。

 

ここで挫折するようであればとてもブロガーを続けられるはずが無いと私は考えました。

 

(本当は100記事とも思ったのですが、早くブログを公開してドメインのSEOを強化したかったので、30記事としました。)

 

自分自身に挑戦状を送りつけたようなつもりで記事作りを始めたのです。

 

全く記事作成と無縁だった人でも、「自分の記事を読んでもらいたい」「少しでもためになったと思ってもらえたら嬉しい」というような強い想いを持ち続ければ、記事を書き続けることがきっとできるはず。

 

その気持ちを持ち続けて記事作成を継続していれば、執筆のコツ・スキル・スピードも自然と身についていくであろうと考えたのです(無論、ネット記事ならではの記事作成ノウハウは個別に学習する必要がありますが)。

 

いざというときの「貯蓄」

お金の話になりますが、ほとんどの方は収入の一部を貯金に回しているはずです。なぜか。

 

病気やけがなど、予期せぬ事が起こって収入が絶たれたときの非常用ですよね。

 

ただ単に欲しいものを買うための貯金などもありますが。

 

ブログの記事も、予期せぬ事態で記事を書けなくなることがあるかもわからないです。

 

ただ単に仕事が忙しくなって記事を書く時間が無くなってしまった!なんてこともありえます。

 

そんなときのために、運営前に記事を大量に作っておけば安心です。

 

30と言わず、もっと作っておけばよかったなぁとも思う今日この頃…

 

まとめ

といった3つの理由から運営前に記事を書きまくっていました。

 

自分のブログのPV数が伸びていくこと夢見ながら。

 

記事を書くスキルやテクニックの習得も大事ですが、私が一番大事にしたいのは「多くのユーザーに記事を読んでもらいたい」、「少しでも多くの人に役立った!と思ってもらいたい」というアツい気持ちです。

 

この気持ちだけは、ブログを運営する上でずっと忘れないでいたいなと思います。