荒れた己を静める「簡単瞑想」を始めました

“SNSでシェア↓”

今回は瞑想の話。

最近簡単な「瞑想」を始めました。瞑想を毎日続けることで、自分の理性のコントロールがしやすくなり、集中力が持続したり、感情的な言動を抑制できるようです。

 

私はトレードの勉強をしつつ少額のトレードをしたりしますが、理性のコントロールの重要性を痛感しています。トレードに限らず、日々の生活において「感情的な言動を繰り返したくない」「やるべきことに集中したい」と思うことはかなりあると思います。

 

瞑想といっても、堅苦しいものは継続するのが大変なので、できるだけシンプルなものにしています。

姿勢は何でもいい。立ってでも座ってても、寝転がりながらでも。環境も、静かでもうるさくても、身の安全を確保できる場所であればOK。

「ただ数分間、何か音や感覚に意識を向けることに集中するだけ」です。

例えば、工事の音や機械の稼働音であったり、自分の心臓の鼓動や呼吸などです。「ある程度の時間意識できたな」と思ったら次のものへと意識する対象を変えたり、1セットの瞑想においてずっと1つの対象への意識で終わることもあります。

あと、瞑想の間の呼吸は「腹式呼吸」で、「吸う時間は短く、吐く方に時間をかける」ことだけ意識します。吸う時間より吐く時間を長くするという意識だけして、「何秒」などとは気にしません。

 

そして「瞑想にかける時間」も気にしません。「何分」と気にしてしまうと、そこに意識が行ってしまうからです。あくまで上記の呼吸や音などへの意識を向ける(努力)をするだけです。雑念が浮かんでも、またもとの意識している対象に集中し直すことを繰り返してある程度続けます。

 

もっとしっかりと瞑想したいという方は、本やサイトで本格的に調べた方がいいかもしれませんね。

 

私は、1日たった数分の瞑想をすることでかなりのことが得られると考えています。「たった数分、意識しかしてない瞑想に時間を使うのはもったいない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、やってみないことにはわからないのです。実際、瞑想により「不安やうつ状態の緩和」「集中力向上」「理性・感情の自己制御力アップ」など、日常生活に必要な効果が数多くあることがわかっています。

 

私は、「ゲームや動画鑑賞など無意味な娯楽に使う時間をできるだけ控え(自己理性の制御力)、怒りや不安、緊張に思い悩む時間を極力削り(感情のコントロール力)、冷静になって自分のやるべきことに一極集中していきたい(集中力)」と考え、瞑想を始めています。

 

1日たった数分の時間でそのようなコントロールができるようになるのであれば安いものです。「急がば回れ」。やるべきことに手がつかない場合は、まずは簡易な「己を整える瞑想」から気軽に始めてみるのはいかがでしょうか。